同じ商品でもポイントサイトによって金額は異なる

ポイントサイトでは、比較的まとまったお金を稼ぐ事も可能です。特にカード発行の案件などは、比較的大きく稼げる傾向があります。クレジットカードだけでなく、デビットカードなどの案件もありますし、検討してみると良いでしょう。ただしサイトは比較してみる方が無難です。

複数社のポイントサイトが同じ商品と提携している事も

ポイントサイトは、1社だけではありません。それこそ数十社以上のポイントサイトがあって、それぞれ提携しているサービスの数も異なるのです。無料ゲームなどもプレイできますが、その内容もサイトによって異なります。
案件を見てみますと、どのサイトでも見かける案件に気が付く事があります。例えばあるポイントサイトの会社Aは、Bというカードの案件の申し込みをしますと、ポイントを受け取れるとします。ところが別の会社Cで案件を見てみると、全く同じカードBが宣伝されている事もあります。
その場合、ポイントサイトを比較してみる方が良いでしょう。

サイトによってポイントの大きさが全く異なる

全く同じBという案件でも、実はサイトによってかなり金額が異なる事があります。実際に比較してみると分かりますが、それこそ50%以上の差が付いている事もあるのです。
例えばAというサイトの場合、Bの申し込みをしますと3,000円になるとします。しかしCというサイトで申し込みすれば、6,000円といった具合です。
この数字は、決して大げさではありません。実際それぐらいの差が付いている事はあるので、やはりサイトの数字は比較してみる方が良いでしょう。上記のような状況であれば、もちろんCで申し込みするのがおすすめです。
ちなみに上記のような状況ですと、Cのサイトはお得であると思われるかもしれません。しかし、一概にそうとも言えない一面もあるのです。CよりもAの方がお得なケースもありますから、各商品ごとにサイトの数字を比較してみる方が良いでしょう。

各社のポイントをまとめられるサイトも

なお複数社のポイントサイトを利用していると、ポイントもバラバラになってしまう事があります。A社では4,000円で、B社では6,000円といった具合です。複数社のポイントがあると、たまに混乱してしまう事もあります。
ですが幸いにも、サイトによっては複数社のポイントをまとめる事もできます。いわゆる両替のようなサービスを提供しているサイトもあるので、上手く活用してみると良いでしょう。